感想は紫外線による肌の日焼けも原因の一つ

 

日焼けによって起こるトラブルの代表に「乾燥」があります。
世間一般で言われている乾燥肌の原因の一つが、なんとこの日焼けなんです。
水分がたくさん出て行くと、補うために細胞の中や外から保湿成分が出ていきます。もちろん、それに伴って弾力も失います。
そうすると修復しなければならなくなり、そのために28日周期だったターンオーバーが、余計な仕事を抱え込むことになってしまうので、急に忙しく動き始めるんですね。
角質がむけていったり、表皮のサイクルにも影響が与えられ、肌を修復するために周期が早まることも、もちろんあります。

 

このように日焼けにはセラミドやコラーゲンといった、肌の真皮に存在する、ターンオーバーと密接に関係のある物質を破壊してしまうので、紫外線対策は絶対に怠ってはいけません。

 

やはり紫外線対策は、美肌のためにはとても大切だということですね。
一夏に一度は、うっかり日焼けをしてしまう、そんな女性も多いと思います。
では、そんな場合はどのようなリカバリーが必要でしょうか?

 

もちろん事前に予防することが、日焼けを防ぐには一番重要です。
日焼けは肌にとっての異常事態なんです。
その状態が治っていく時に、いかにきちんと保湿をしてあげるか、抗酸化物質を摂ってあげるかで、その後の状態にとても影響します。
それがきっかけで、にきびや角質・毛穴の開きなどのトラブルが起こってくることもあります。
不測の事態が起こる前に、事前に抗酸化物質を摂り予防することがとても重要です。

 

抗酸化物質は、サプリメントや手軽などリンクなどで日頃から予防的に摂取しておくと良いですね。