オイルクレンジングの欠点

クレンジングの種類で代表的なものが、オイルクレンジングであると言えます。

 

 

オイルクレンジングは、濃いメイクもしっかり落としてくれるほど洗浄力が高いです。
汚れをしっかり落とし、洗い上がりがさっぱりすることで、多くの女性から好まれています。
オイルクレンジングに含まれている合成界面活性剤の特徴が、洗浄力の高さの理由でしょう。
しかし、洗浄力が高い分、汚れだけでなく、皮膚に必要な皮脂まで取り去ってしまうというデメリットも、併せ持っています。
皮脂の分泌が過剰になっていて、油っぽさがあるような肌の人だと、オイルクレンジングが向いていると言えますが、乾燥肌の人は使用を控えた方が良さそうです。

 

肌は、油分と水分のバランスがきちんと保たれていなくてはいけないので、どちらかが過剰でも不足していてもいけません。
オイルクレンジングの使用を誤ると、肌のバランスが崩れ、乾燥や敏感といったトラブルを招く原因に繋がります。
また、脂性だからと過剰に皮脂を取りすぎるような行為の結果、肌がバランスを保とうと、余計に皮脂の分泌量を多くしてしまい、状態が悪化する可能性もあります。
だからといって、完全に使用を避けてしまう必要もありません。
クレンジング口コミなどを利用して、自分の肌と相談しつつ、しっかりクレンジング剤を選ぶことが大切なのです。
メイクした日にはオイルクレンジングできちんと汚れを落として、軽くメイクした程度の日はミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを利用するなどして使い分ける方法もおすすめです。

 

クリームタイプのクレンジングで一番のお勧めはDUOクレンジングバームですね。
最初はクリーム式なのに、肌に塗るとオイルタイプに変化するという優れものなんですよ!
オイルクレンジングの欠点を克服したクリームタイプ、DUOクレンジングバームと言えます。