DUOクレンジングバームで肌のバリア機能を高める

DUOクレンジングバームは、使用することによってバリアを作り出し、肌本来がもつバリア機能を高めてくれるんです!
肌の角質層は、角質細胞とセラミドでできていて、バリア機能を担っているのがこのセラミドです。セラミドは、皮膚の外からの異物の侵入を防ぐとともに、体内から水分や、生体成分が放出されるのを防いでくれる働きをします。
肌のバリア機能が低下すると、水分の蒸散を守ろうとして角質が厚くなるため、肌がくすんでしまう原因になったり、肌内部で微弱炎症を起こし、ヒリつきなどの肌荒れの原因にもなってしまいます。
また、紫外線の影響を受けやすくなってしまうため、シミやシワもできやすくなってしまうのです。
このように、バリア機能が低下すると、数多くのお肌のトラブルを引き起こしてしまうのです!

 

では、どうすればバリア機能を高めることができるのでしょうか?

まずは、バリア機能をもつ化粧品によってバリア機能を作ってあげればよいのです。
たとえば、板状粉体「ベントナイト」配合の化粧品を例にあげますと、板状の粉体が屋根瓦のように並んで、しっかりと角層バリア膜を形成してくれます。そうやって、外部からの刺激を遮断しながら、しっかりと保湿することで、肌本来のバリア機能を高めることができるのです。
バリア機能に必要なセラミドは、ナノレベルのカプセルにすることでより浸透しやすく、肌の角質層にあり、肌のバリア機能をもちます。
このセラミドが減少してしまうことで、バリア機能が低下することは先ほど説明しましたよね。
また、「ベントナイト」配合の化粧品などによってバリア機能を作ってあげるという方法も紹介しましたが、そのバリアの方法では、いわば人工的に守っているにすぎません。
人工バリアを張っているその間に、肌本来のバリア機能を回復させる必要があるのです。

 

 

そこで一番やらなければならないのは、減少してしまったセラミドを補給してあげること。
水に溶けにくい性質のあるセラミドは、化粧水に配合するのは難しいとされていました。
ヒト型ナノセラミドという、本来肌内部の細胞間脂質を構成するセラミドと同一の化学構造のセラミドを、「セラミドナノスフィア」という50nmサイズのカプセルにすることで安定配合することに成功した化粧品が登場しています。

 

その代表がDUOクレンジングバームなのです。

 

普通のセラミドは角層の表面にとどまってしまうのですが、セラミドナノスフィアは角質の奥深くまで浸透することができ、美しい角層を再生させることができるのです。

 

お肌のATフィールド

DUOクレンジングバームはバリア機能を高めてくれる

これが、DUOクレンジングバームで肌のバリア機能を高めることができる秘訣なんです。
そういえば、バリアといえばATフィールドですよね。エヴァンゲリオンにでてくる特殊能力のことです。
DUOクレンジングバームは、わかりやすく例えたら、いわばATフィールドみたいなものなんです。アニメ エヴァンゲリオンでは、使徒という怪物に似た大きな知的生命体が、大出力のとんでもないエネルギーで、エヴァンゲリオンのATフィールドを破壊するシーンがでてきますが、DUOクレンジングバームにとってはそれも同じようなことです。

 

せっかく、DUOクレンジングバームを使って構成されたATフィールドというなのお肌のバリア機能が、私たちがゴシゴシとこすってしまうことで、破壊されてしまいます。
喫煙やストレスなどで破壊されるということもありえるので、お肌には十分注意してください。
DUOクレンジングバームを使い続けている以上は、お肌のバリア機能は補修されていくので大丈夫だとは思います。